寺田病院(足立区扇)の下肢静脈瘤センターのサイトです

〒123-0873 東京都足立区扇1-20-12

メインイメージ

足のだるさ、むくみに効く漢方薬―桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)について


桂枝茯苓丸
画像提供:株式会社ツムラ
漢方薬は、草の根や木の皮などの様々な天然物(生薬:しょうやく)を組み合わせてできています。桂枝茯苓丸に含まれる桂皮は、 欧米で香料として使われるシナモンと同属種の樹皮です。

この薬は、主に血の巡りを良くしてむくみやうっ血を取り除くことで、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、足の冷えなどや、月経異常のある婦人に効くとされています。

下肢静脈瘤によるあしのだるさや、むくみは静脈のうっ血が原因ですから、桂枝茯苓丸によりうっ血が改善することで足の症状が和らぐのではないかと考えられています。

桂枝茯苓丸
特に、女性に対して有効であることが示されており、下肢静脈瘤の女性患者の約7割に効果があったと報告されています。また、大変興味深いことに、写真のような細かい静脈瘤(クモの巣状静脈瘤)がうすくなったと喜んで頂けることがよく経験されます。

また漢方薬の面白い点は、飲み始めてみると、足のだるさ以外にも、肩のこりが良くなったり、お通じ(便通)がよくなったり、何となく体が軽くなったなど、足以外の身体の調子がよくなることがしばしば経験されることです。そのため、静脈瘤の手術が終わって静脈瘤がなくなったにもかかわらず、内服の継続を希望される患者さんも多くいらっしゃいます。

薬の値段も血圧の薬や血液さらさらの薬に比べると大変安いため、長期にわたって内服を継続される方が多い理由です。あしのだるさやむくみで悩んでおられる方は、是非一度試しに飲んでみることをおすすめします。

メール診察