寺田病院(足立区扇)の下肢静脈瘤センターのサイトです

〒123-0873 東京都足立区扇1-20-12

メインイメージ

下肢静脈瘤と漢方薬


漢方
画像提供:株式会社ツムラ
漢方といえば、風邪を引いたときに飲む葛根湯(かっこんとう)が有名ですね。それ以外にも、更年期障害や冷え性、むくみや胃もたれなど、西洋医学ではなかなか治りにくい様々な症状に漢方薬は力を発揮することがあります。

それでは、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)に漢方薬は効くのでしょうか??

意外と知られていませんが、下肢静脈瘤のむくむ・だるいといった不快な症状に漢方が効くことがあります。もちろん、一度壊れてしまった静脈自体が漢方薬で元に戻ることはありません。あくまでも、静脈瘤が原因で起きている、静脈うっ滞の症状(むくむ、だるい)が改善するわけです。

きちんと治すためには、レーザー治療やストリッピング治療が必要ですが、手術が怖い、忙しくて手術を受ける時間がない、だけど足がむくんだり、だるくて仕方がないから何とかしてくれといった患者さんに漢方薬を飲んで頂くと、大変喜ばれることがあります。

次項で、下肢静脈瘤に効く漢方薬(桂枝茯苓丸:けいしぶくりょうがん)についてご説明します。

メール診察