寺田病院(足立区扇)の下肢静脈瘤センターのサイトです

〒123-0873 東京都足立区扇1-20-12

メインイメージ

下肢静脈瘤レーザー治療について

2箇所の傷から表在静脈を取り除く手術です
現在、日本で健康保険適用となっているレーザー機器はELVeSレーザー(980nm, 1470nmの二種)のみです。2011年4月に国内で初めて980nm ELVeSレーザーが「下肢静脈瘤血管内治療レーザー」として医療機器承認を取得し、年々施行する施設が増えています。 そして、2014年5月に980nm ELVeSレーザーの後継最新機種として1470nm ELVeSレーザーが登場しました。

このレーザーを用いた場合には、どの病院でも手術料金は、片足につき健康保険3割負担の方で約4万3000円、1割負担の方で約1万4000円と決まっています(実際の治療費は、これに麻酔費用や検査費用などが加わります)。

これ以外のレーザーを用いている施設は、10万円や20万円(あるいはもっと高額)の自費診療を行っているようです。高額なレーザーでは治療後の痛みが少ないことがいわれていますが、治療効果に大きな差はないといわれています。日本全国で最も行われているレーザー治療はELVeSレーザーです。

下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術は、シミ取りなどのレーザー(シミの外からレーザーを当てる)と異なり、壊れた血管内にレーザーファイバーを挿入し、血管の内側を焼いて血管を閉塞させる方法です。



980nm ELVeSレーザー手術後の皮下出血(内出血)

レーザー治療:あざの例98nm ELVes保険レーザーの手術後には、個人差がありますが、太もも内側のレーザー治療した部位に皮下出血(内出血)が起こります。なかでも目立つ皮下出血の患者さんの写真を供覧します。

この皮下出血(内出血)は、見た目は大変痛々しいのですが、痛みの原因とはなりません。
2~3週間で何もしなくても自然に消えていきます。肘や脛(すね)をぶつけたときに出来る青あざと同じです。レーザー治療を受ける患者さんには、あらかじめ写真を見て頂いて、心配ない旨を説明させて頂いています。

この度発売された1470nm ELVeSレーザーでは、この皮下出血(内出血)がほとんど起こらなくなりました!!

メール診察