【日帰り・土日一泊二日入院手術可能】下肢静脈瘤手術

下肢静脈瘤の詳しいご説明は、「下肢静脈瘤センター」をご覧ください 。
費用につきましては、「下肢静脈瘤センター・費用ページ」をご覧ください 。

下肢静脈瘤とは

「静脈瘤」とは静脈のコブ(瘤)つまり血管のコブです。

下肢静脈瘤

静脈瘤が脚にできたものを下肢静脈瘤と言います。人間は立って二足で歩くようになったため、立ったときに身体で一番下にある脚(つまり重力の関係で)に血がたまりやすくなり、血管(静脈)が膨れコブ(瘤)を形成してしまうのです。 足の静脈血管が浮き出てきて目立つようになり、放っておくと、足のだるさやむくみ、かゆみや湿疹となり、最終的には出血、潰瘍にまで発展します。

四つ足歩行である人間以外の動物では下肢静脈瘤が見られることはほとんどないのです。下肢静脈瘤は血管疾患の中で最も発生頻度が高く、軽度のものを含めると成人女性の43%に認められるとの報告があります。女性の就業率が増加しつつある現在の社会状況下では積極的に治療に取り組む必要があると考えます。

下肢静脈瘤は軽症疾患であり命までは取られる疾患ではありません。だからこそ治療に伴う合併症をなるべく少なくし低侵襲の治療にて最大限の治療効果を生み出すことが必要です。

(1) 下肢静脈瘤の原因

血管には動脈と静脈があります。動脈はきれいな血液を心臓から身体のすみずみまで運びます。静脈は、動脈とは反対に全身に行き渡った血液を心臓へ戻します。この時二足歩行の人間は、脚に流れている血液を重力に逆らって心臓まで押し上げなければなりません。

そのため脚の筋肉がポンプの役割(筋肉ポンプ)を果たし、血液を上の方へ押し上げるのです。しかしこれだけでは筋肉が緩んだときに血液は重力のため、下に落ちてしまいます。それを防止するために静脈には逆流防止の弁がついています。

血液が溜まってくると、血液の逆流を止める弁に負担がかかり、どんどん血液が逆流して溜まっていきます。放っておくと、弁は壊れてしまいます。一度壊れた弁は、再生することはありません。

妊娠や出産、長年の立ち仕事などで、長期間にわたり、負担がかかることで壊れてしまい、慢性的に逆流(血液が静脈内を下方へ向かって流れ、溜まること)が起きてしまいます。もともと弁は血液が心臓の方向へ流れる様に一方通行弁になっていますから血液がうっ滞(膨れて)してしまい瘤(コブ)ができてしまうのです。

(2) 下肢静脈瘤の症状
下肢静脈瘤

【引用】 写真は慶応大学病院 血管外科班の先生より提供していただきました。

(3) 下肢静脈瘤ができやすい人
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の治療法

(1) 圧迫療法(保存的治療)

医療用の弾性ストッキングや弾性包帯を使用します。
下肢に適度な圧迫を与えることで下肢に余分な血液がたまることを予防します。

※ただし弾性ストッキングなどによる圧迫療法は、あくまでも進行防止・現状維持が目的で、下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。

(2) レーザー治療

詳しくはこちらをご覧ください。

(3) ストリッピング手術(伏在静脈抜去術)

下肢静脈瘤下肢静脈瘤の根治的な治療法として古くから行われている手術方法です。

弁不全(壊れている弁)を静脈ごと引き抜いてしまいます。特にその後の歩行や痛みは影響しません。再発率が低く、確実な治療法ですがまわりにある知覚神経にダメージを与えることがありますので、注意が必要です。

(4) 硬化療法

硬める薬剤を静脈瘤(コブ)の中に注入し、静脈の内側の壁と壁をくっつけてしまったり、血栓(血のかたまり)をつくり詰めてしまう方法です。
しかしすべての下肢静脈瘤をこの方法のみで治療することはできません。

当院の現状について

毎週土曜日に血管外科専門医による特別外来を設けております。(詳しくは診療時間をご確認ください)。診察時間内でしたら特に予約は必要ありませんのでご来院ください。その際治療法を確定し手術が必要な場合は術前検査をしていただき、手術の日取りを決定していただくことになります。

下肢静脈瘤の詳しいご説明は、「下肢静脈瘤センター」もご覧ください >>>
費用につきましては、こちらをご覧ください >>>