痔のことなら寺田病院
生活習慣病とのおつきあい

<< 戻る 次へ >>

 肥満とのお付き合い
 
■肥満とは何でしょうか?

肥満は本来体脂肪の異常増加を意味しますが、通常は、測定が容易である体重で定義されます。
 
BMI(肥満指数):体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=22
 
が最も健康であることがわかりました。そこで、
 
身長(m)×身長(m)×22 → 標準体重(kg)としたのです。
(例)165 cm の人は、1.65×1.65×22=59.9 kg が標準体重です。
 
 
BMIからみる肥満度
18.5未満 「やせ」
18.5以上25未満 「正常」
25以上30未満 「1度肥満」
30以上35未満 「2度肥満」
35以上40未満 「3度肥満」
40以上 「4度肥満」
 
なお、体脂肪率では男性は20%以上、女性は30%以上の場合、肥満と考えられます。
                  

■肥満が引き起こす病気

生命保険会社の調査によると「肥満者は短命」という結果が出ています。
 
また、中高年者に問題となる生活習慣病は肥満の人ほど多く発症しています。また、食べ過ぎや運動不足の生活が長期間にわたって作り出されたものが「肥満」です。肥満自体も生活習慣病といえます。
 
日本における肥満に対する外科手術
 
 
Copyright (C) Dr.T2 All Rights Reserved.