癌の悩み

癌の悩み

胃がん治療に伴う副作用
主人は進行性胃ガンの第IV期で、肝臓やリンパ腺に転移が発見されたため、現在TS-1で治療し、現在2クールめです。副作用のことでお聞きしたいのですが、軽い吐き気・倦怠感・下痢以外に、皮膚の黒ずみや、これまでと違った感じの体臭がし始めています。このような副作用については聞いていないのですがよくあることなのでしょうか。またこの他にも、考えられる副作用はどのようなものがあるのでしょうか。(42歳・女性)

喫煙が癌の進行に及ぼす影響
大腸がんで手術をして半年間の入院後、職場復帰した友人が、医者に内緒でたばこを吸っています。以前より健康に気をつけるようにはなっているようですが、たばこだけはどうしてもやめられないようなのです。僕も彼の家族も大変心配しているのですが…。喫煙は再発の引き金にはなりませんか?(50歳・男性)

癌の検査
父が検査で「大腸癌の疑い、要検査」との結果が届きました。 私たち姉妹は「検査に行って」とお願いするのですが、本人は「具合は悪くない」と言い、看護士である母までも「病気は知るとますます病気になる」と言い、なかなか行ってくれません。

私も今までは「病気はわざわざ自分で知る必要などない」と思っていましたが、早期発見することが良いと言われる「癌」という言葉を身近に受け、その考えも変わりつつあります。

病院に行ってもらう方が父の為なのか? そのまま人生を生きてもらうのが良いのか、 親ではありますが一人の人間の人生を周りが導くのはおかしなことなのか? 悩んでいます。 父55歳私たち子供は33歳、30歳、28歳、16歳です。(女性)

大腸がんの早期発見
「大腸がんというと、「血便が出る」というイメージですが、そのような兆しで気付くより以前に「早期のがん」を発見したいと思います。自宅で留意すべきポイントはどこですか?また、もし素人の早期発見が不可能の場合、医療施設では検査の中でどんな兆候を「早期のがん」としているのでしょうか?

便潜血検査について
昨年の検診で便潜血が陰性だったのに、今年の検診で便潜血が陽性となった為、精密検査を受けたら、大腸ガンがみつかりました。これは検査のミスですか?(56歳 男性)

非常に大事な質問です。便潜血検査を大腸ガン検査としている施設や、検診機関が多いですが、実際に便潜血検査は便の中に血が混じっていなければ陽性にはならないので、大腸ガンでもごく早期なものや、進行癌でも、たまたま出血していない場合は、便潜血検査は陰性という結果になることがあります。つまり便潜血検査は国民全体におこなう「集団検診」として意味のある検査なのですが「早期癌を見つけたい」と希望される患者さんには便潜血検査は期待にはこたえられないものなのです。大腸ガンは前癌病変(ポリープ)のうちに内視鏡によって切除すれば、ガンを予防できます。

また、ポリープがたとえガンになっていても早期(粘膜内癌)に発見できたら完全に内視鏡にて切除し治すことができます。大腸カメラは現在大腸ガンを予防するためでも早期大腸ガンを治すうえでも最も有効的な検査といえるのです。

胃でも大腸でもガンにならないようにすることは現在の医療技術ではまだ不可能です。症状がある方はもちろん、症状がなくても定期的な検査をすることで早期発見、早期治療を心がけることが今のところガンに対する最善の対処と言えるでしょう。

よくある質問Q&Aへ戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.