第13回:「マロリーワイス症候群」

お腹元気相談室

バックナンバー

Q

最近付き合いで、お酒を飲む機会が増えました。
先日トイレで大量に吐血してしまいました。胃カメラは必要ですか?

A

当然必要です。

吐血の原因は上部消化管(食道,胃,十二指腸)からの出血ですが、アルコールの飲みすぎによって激しい嘔吐を何度も繰り返したのちに起きる吐血は多くが『マロリーワイス症候群』という食道の疾患です。

これは急激に腹圧が上がることにより食道と胃のつなぎ目に過度な力がかかり、胃が収縮する衝撃によって食道の粘膜が縦に裂け出血を起こすものです。

飲酒のほかに激しく咳き込んだり、強くいきんだり、お腹を強く打った時にも起きます。大量に出血するケースも多く、緊急に止血を要します。また、吐血の原因が胃潰瘍、十二指腸潰瘍である場合は的確な治療薬を内服する必要があります。

痛みや出血を放置していると潰瘍部がどんどん深くなり、穴があく(穿孔)可能性もでてきます。穿孔は手術になるケースも多く腹膜炎を呈すると生命にも関わってきますので、早めに内視鏡により上部消化管の検査が必要です。


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.