第9回:「C型肝炎について」

お腹元気相談室

バックナンバー

Q

最近、C型肝炎という病名をよく聞きます。このC型肝炎について教えてください。

A

C型慢性肝炎はC型肝炎ウィルスの感染により肝臓に障害が起こる病気で、初期には症状はほとんどありませんが、病気が進行すると様々な症状を呈します。

またC型慢性肝炎の大部分が進行性で、知らないうちに肝硬変、肝臓ガンへと進んでいってしまいます。肝硬変になると肝臓だけでなく食道静脈瘤の破裂や肝性脳症など命に関わる重大な合併症が起こりやすくなります。

血液検査でHCV抗体が陽性でその値が高い、もしくはウィルスの遺伝子(HCV RNA)の検査が陽性のときは、C型肝炎ウィルスの持続感染者(キャリア)ということになり、定期的な検査と十分な健康管理が必要になります。

肝機能がどのくらい保たれているか、肝炎がどの程度進んでいるかを知ることは治療計画を立てる上で重要です。

血液検査にてAST(GOT)やALT(GPT)の値を、画像検査(超音波,CT)で調べます。感染は血液を介しますので、過去に輸血をしたことのある方、医療機関で手術をしたことのある方、家族に肝臓の悪い人がいる方は注意が必要です。


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.