第6回:「胃がんの発生原因」

お腹元気相談室

バックナンバー

Q

生活習慣病・・・、特に胃がんについて、教えてください。
現状では、胃がんの発生原因はわかっているのですか?

A

遺伝子解析の進歩により人間の体を分子レベルで詳しく調べることができるようになってきました。個人個人の情報がぎっしりとつまった遺伝子を解析することによりその人が、どのような疾患にかかりやすいかどうかがある程度分かるというものです。

しかし、現在ではまだ実用段階にはなく、今後の新しい治療として期待されているものです。

胃がんの発生する過程において誘因とされているのが、喫煙(タバコの中に含まれるニコチンやタールが唾液に溶けこみ胃の粘膜を荒らす)やヘリコバクター・ピロリ菌(胃壁に付着して粘膜を障害)、胃粘膜の萎縮性変化(胃腺が収縮して破壊され細胞組織が変化)です。

しかしこれらはあくまでも誘因であって原因ではありません。今のところは発生原因の究明より誘因をなるべく抑え定期的な検査をし、早期発見・早期治療に努めることが大事なことのようです。


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.