第2回:「最近よく耳にするピロリ菌って何?」

お腹元気相談室

バックナンバー

Q

最近よく耳にするピロリ菌って何でしょうか?

A

ピロリ菌とは、胃の中に感染し、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの原因になるとされている菌のことです。ピロリ菌の陽性率は、胃潰瘍で7割、十二指腸潰瘍では9割近くもあると報告されています。

長年、胃酸のような強い酸の中には細菌は生息しないと考えられていましたが、オーストラリアの研究社が慢性胃炎の人の中から、細菌の培養に成功し、後にヘリコバクター・ピロリと名付けられました。ピロリ菌は胃の粘膜内にもぐり込み増殖し、毒素を分泌することで炎症を起こしたり、ひどい時には潰瘍を作ります。ピロリ菌は免疫力の弱い幼児期に水、食べ物、唾液から感染するといわれていますが詳細はいまだ不明です。日本においてピロリ菌に感染している人は3000万人から4000万人と推定されており、感染率は若年層では低いですが、40代以上の中高年層では8割以上と高くなっています。ピロリ菌に感染した人のほとんどが慢性胃炎になりますが、潰瘍になる方はその中の一部の人であり、胃がんになる方はもっとまれです。

かつて、潰瘍の原因はストレスや胃酸過多、暴飲暴食が原因とされてきましたが、原因のほとんどがピロリ菌によることがわかってきました。ピロリ菌が慢性胃炎を引き起こすと胃粘膜を脆弱にするため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしやすくなります。こうした潰瘍疾患に対しピロリ菌の除去治療を行うと再発率が極めて低くなり、いままで難治性の潰瘍であっても除菌治療で完治する例が多くみられるようになりました。日本では平成12年より除菌療法が本格的に始まり、潰瘍に対して日常臨床上、広く実施されるようになってきました。ピロリ菌の検査は、息による検査や胃内視鏡(胃カメラ)により採取した胃の粘膜を調べ判定します。潰瘍を患った方はもちろん、普段から胃の調子が悪い方はピロリ菌が悪さしているのかもしれません。早期発見、早期治療により不安のない毎日を過ごしましょう。


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.