在宅支援センター

従来経口摂取が不可能もしくは困難な患者様の場合は、入院しながらの栄養管理が主体でした。しかし今後、地域の在宅介護システムが整備されてくれば、患者様のQOL(日常生活の質)の向上および医療費の軽減等を目的とした在宅栄養管理が主体になっていくものと思われます。当院ではこのような適応のある患者様に対し、近医の先生方(かかりつけ医)と協力し、積極的に内視鏡的胃ろう造設皮下埋め込み型静脈留置カテーテル挿入を安全かつ迅速、確実に施行し皆様により良い毎日を送っていただきたいと考えております。

契約医療機関 リンク
詳細はこちら

胃ろう 皮下埋め込み型静脈留置
カテーテル(リザーバー)とは


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.