胃の集団検診

ペプシノーゲン検査

加齢とともに胃のなかの「ピロリ菌すみつき度」は上昇し、持続的な感染は「慢性胃炎」となります。この慢性胃炎は胃の表面にある粘液が薄いので、胃は常に自分で分泌した胃液(胃酸)により攻撃を受けることになります。この攻撃が長年続くと胃粘膜が荒れて、時に変性し「がん化」することになるのです。
血液中のペプシノーゲン値を測ることで「慢性胃炎」の進み具合がわかります。
陽性と判断された場合は胃に慢性的な刺激が常に加わっているということなので、精密検査を必ず受けるようにしましょう。

胃の集団検診で陽性との診断がでたら、必ず精密検査を受けましょう。

『楽に検査(胃カメラ)を受けるには?』


ペプシノゲン(PG)は胃から分泌される物質で、タンパク質分解酵素であるペプシンになります。99%が胃腔内に分泌され、残りの1%が血液中に流入します。

ペプシノーゲンは免疫学的にペプシノーゲンⅠ(PGⅠ)とペプシノーゲンⅡ(PGⅡ)に大別されます。

PGⅠは胃底腺の主細胞より分泌され、PGⅡは胃底腺のほかに噴門腺、幽門腺、十二指腸腺に存在します。慢性胃炎が持続すると胃粘膜には萎縮(老化現象)が起きてきます。

胃粘膜に炎症が生じるとPGⅠ、PGⅡともに増加するため、PGⅠ/PGⅡ比は↓
そしてさらに萎縮が強くなると、PGⅠが低下し、PGⅡは増加、PGⅠ/PGⅡ比はさらに↓となります。

胃がんの患者はほとんどの方に胃粘膜の萎縮を見ます。
そこでこの現象を応用しⅠ/Ⅱが3.0以下の場合は萎縮が強いことが示唆され胃がんの可能性が高いといわれています。

陰性と陽性の判定基準
検査の数値によって、陰性・陽性は次のように分類されます。

・ 陰性 … Ⅰ値70以上かつⅠ/Ⅱ比が3以上。
・ 陽性 … Ⅰ値70未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。
・ 中等度陽性 … Ⅰ値50未満かつⅠ/Ⅱ比が3未満。
・ 強陽性 … Ⅰ値30未満かつⅠ/Ⅱ比が2未満。

さらにピロリ菌についてヘ

戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.