胃の検査

苦痛のない上部内視鏡検査

胃カメラは苦しい!という考えをお持ちの方は非常に多いと思われます。


経口挿入

胃内視鏡(胃カメラ)の苦痛はのどの奥をカメラが通るときに起こる「反射」、のどを管が通っていることや、胃のなかをカメラが動くことによる「異物感」、胃が空気で膨らむ「膨満感」などからなります。苦痛の本質は「異物感と反射」ですので「のどの敏感なひと」ですと、どんな名人が検査しても苦痛を0にすることはできません。


回復室

しかし浅い麻酔を使い反射を抑え、異物感をとれば信じられないほど楽に検査ができます。しかし、多くの診療所では麻酔後の回復室が完備してなかったり、検査時間に追われるため麻酔を使う施設は限られます。当院では内視鏡室に回復室を設け、積極的に楽な検査を施行しております。麻酔は静脈麻酔で年齢、体重、基礎疾感により分量を調節するため、安全です。

「さぁ、検査しますよ」の声を聞いたあと、気づいた時には検査は終了しているでしょう。

さらに!経鼻内視鏡導入


経鼻挿入

この度当院では、さらに楽さを追求するために「経鼻的に(鼻から)挿入できる内視鏡」を導入致しました。鼻から挿入しますので、咽頭反射はほとんど起きません。

また内視鏡そのものが細い為、通常のように経口でも検査中の負担は今までより十分軽くできます。なお経鼻では検査中に会話ができるので医師へ質問することも可能です。

経鼻内視鏡

もっともさらに楽に検査したい方は経口の時のように眠っている間に検査することも可能です。ご希望により

1.経口で眠っている間に検査
2.経鼻で眠らずに検査
3.経鼻でさらに眠っている間に検査

の対応を致しますので、検査予約時にご依頼ください。
なお、経鼻内視鏡をご利用頂いた場合でも、費用は通常の内視鏡検査と変わりません。

電子内視鏡検査システム

当院では検査終了後に患者様と一緒に電子内視鏡検査システム(写真①)の検査写真(写真②)を見ながら詳しく説明することに心がけています。また検査報告書を一人一人お渡しいたします。(写真③)

電子内視鏡検査システム
写真①
検査写真
写真②
検査報告書
写真③
参照サイト: 検査のお申込みはコチラ:

戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.