痔の治療

患者様の立場に立って 最善の治療をすばやく施します。

入院生活を快適に送り、退院後に不安なく完治に向かうよう、
患者様のニーズに合わせ入院期間を検討いたします。  院内風景 >>>

切らずに治すいぼ痔の最新治療! ALTA療法(ジオン注射)が好評です。

痔の診察風景

肛門疾患の専門サイト 肛門.jp(リンク)オレン痔通信 監修医療機関です。

当院は日本短期滞在外科手術研究会参加機関です。

当院の肛門病センターの特徴

<特徴1:専門医療機関>

手術を年間1000件近く施行している専門医療機関です。がん検査(大腸内視鏡検査)を肛門手術の前に施行します。排便時の出血は痔からとは限りません!術前の大腸検査で大腸がんが見つかり、”痔に命を救われた!”なんて方は少なくないのです。

<特徴2:胃腸科と併設>

痔の診察風景寺田病院、アイビー大腸肛門クリニックは胃腸科の専門施設でもあります。肛門科のみ専門にしているわけではありません。診察室に入るまで、診察の内容はわからないようになっています。診察室は2ブースあり、中に入るまで、胃腸科か肛門科かは他の人にはわかりません。
年齢により大腸がん検査(大腸内視鏡検査)を肛門手術の前に施行します。排便時の出血は痔からとは限りません!術前の大腸検査で大腸がんが見つかり、”痔に命を救われた!”なんて方は少なくないのです。

<特徴3:入院施設/救急外来併設>

入院施設を併設しているためご高齢や遠方の方でも安心して治療ができます。24時間看護体制であり、入院中/退院後も救急の場合当直医師が常に対応します。

<特徴4:女性専門(女医)外来>

女性の肛門科医師による診察・検査・手術が可能です。
寺田病院岩本医師下里医師高石医師 
アイビー大腸肛門クリニック山田院長で可能です。

<特徴5:内科・整形外科の併設>

病院内には内科整形外科の専門医が常勤しており併存疾患をお持ちの方でも安心です。

待合室及び大腸内視鏡前処置室(下剤を飲む部屋やトイレ)が男女分かれています。


※寺田病院の設備です
クリックすると拡大します。
(付き添いの方やご夫婦は、共同の待合エリアもございます)

<特徴6:内科・泌尿器科・婦人科・整形外科の併設>

骨盤内臓器におけるすべての専門科目の受診が当院内で完結できます。
併存疾患をお持ちの方も安心。また病気精査においても専門医集団が解決に導きます。

<特徴7:アイビー大腸肛門クリニック>

術前の診断や検査・術後の経過フォローは分院のアイビー大腸肛門クリニックで可能です。

大腸肛門病学会専門医

寺田俊明 山田麻子
葛岡健太郎
岩本真帆
寺田俊明
山田麻子
葛岡健太郎
岩本真帆
矢後尋志 高石祐子
矢後尋志
高石祐子
<特別顧問>
岩垂 純一
岩垂純一診療所 所長 岩垂純一

どのような症状ですか?

症状からどのような肛門疾患であるか診断可能のテストです。

肛門手術バーチャル

病気の説明


・ いぼ痔(内痔核血栓性外痔核脱肛

・ 切れ痔(裂肛,肛門狭窄,見張りいぼ,肛門ポリープ)
・ 痔ろう(肛門周囲膿瘍単純痔ろう複雑痔ろう,深部痔ろう)
・ 直腸粘膜脱
・ 肛門周囲炎
・ 尖圭コンジローマ
・ 完全直腸脱
・ 特発性肛門痛
・ 肛門がん
・ 子供の肛門の病気
・ 妊娠時の痔の痛みについて

日帰り手術/短期入院手術について

日帰り手術:

基本的に局所麻酔および仙骨麻酔にて施行の手術に限ります。

< 適応 >
・ 血栓性外痔核に対する血栓除去術
・ 肛門狭窄に対する内肛門括約筋切開術
・ 内痔核に対するゴム輪結窄術
・ ジオンによる痔核注射療法
・ 皮垂(皮のたるみ)および外痔核切除術
・ 内痔核に対する痔核根本手術(1箇所)
・ 肛門周囲膿瘍切開排膿術

短期入院手術:(術後1~6泊入院)

短期入院手術はこちらです。

< 適応 >
・ ジオンによる痔核注射療法 当院の治療計画表 >>>
・ 痔核根本手術ジオンによる痔核注射療法
・ 肛門PPH手術 ・ 根本手術(1箇所or2箇所) 当院の治療計画表 >>>
・ 痔核
・ 単純痔ろう根本手術   当院の治療計画表 >>>
・ 裂肛・肛門狭窄根本手術

まずは当院の診療時間をご確認の上お気をつけて御来院ください。
患者様の症状にあわせ最善の方針を検討いたします。 外来診療時間 >>>

手術バーチャル

注射で治す痔の治療(ジオンによる痔核注射療法

注射器『何?注射で痔が治せるだって?』とお思いの方は多いはずです。そうです。注射で痔が治せる薬ができたんです!というとびっくりかもしれませんね。

しかし、ここで言う”痔”はいわゆる”いぼ痔”のことであって”切れ痔(裂肛)”や”穴痔(痔ろう)”のことを指しているのではありません。

この注射療法は、”いぼ痔”いわゆる痔核の中でも『脱出を伴う内痔核』に対して『ジオン注』という注射を痔核とその周囲に注入して、痔を養っている栄養血管の血液量を減らし、さらに痔の中の血管を硬くして弛んでしまった直腸粘膜部に癒着・固定をさせる方法です。

◇注入方法に関して詳しくはこちらをご覧下さい。

オレン痔通信

退院後のケアについて

女性医師による女性外来

痔の診察風景女性外来とはここでは『女性医師における女性患者様のための専門外来』を意味します。

多くの診療科においてもその必要性が叫ばれ、少しづつではありますが女性専門外来を設置している施設が増えてきました。

特に『肛門科』、『大腸検査』となるとどうしても”男性医師だと恥ずかしい”という点で受診を敬遠してしまい症状の悪化をたどる方が少なくありません。

アンケート集計によると女性の大腸肛門科受診の悩みは以下の点が多いようです。

——————————————————————
悩み1:男性医師だと恥ずかしい
悩み2:肛門科に入るのが恥ずかしい
悩み3:待合室で男性の患者さんと一緒なのが恥ずかしい
悩み4:肛門診察の体位が恥ずかしい・屈辱的で嫌!
悩み5:肛門科でどんなことをされるのか不安・怖い
——————————————————————

こんな女性の皆様の悩みを解決するのが、寺田病院の『女性専用外来』です。

女性外来の詳細はこちらをご覧ください。

女性専門外来の需要と必要性について

胃・大腸・肛門病センター/寺田病院 女性専門外来

検査/治療の料金

窓口病院での会計は払うまでとても不安なものです。そんな方のために当センターでは下記のようなケースの概算料金を算出してみました。(一般的な値段設定です。)
・ 外来診察・外来処置編
・ 検 査 編
・ 入 院 治 療 編

検査/治療の料金の詳細はこちらをご覧ください。

『概算料金』


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.