胃のしくみ

「胃袋」とも言われるように、胃は筋肉でできた袋状の消化器で、みぞおちのやや左にあります。この袋は、食べ物が入っていないときはペチャンコですが、たらふく食べると胃壁のヒダが伸び、1.5リットルくらいまで膨らみます。

胃の主な働きは、口から入った食べ物が腸で本格的に消化・吸収されるように、準備的な消化を行うことです。また、腸での消化の進み具合に合わせて食べ物を溜めておく“ダム”のような働きも持っています。

胃の消化と吸収

胃に入ってきた食べ物は、胃壁のヒダから分泌される胃液と混ざり合い、胃の筋肉の収縮と弛緩、くびれ(蠕動運動=ぜんどううんどう)といった強い運動によって細かく砕かれ、かゆ状になります。こうしてドロドロになった食べ物は、蠕動運動によって少しずつ「十二指腸」という小腸の入り口に運ばれていきます。

胃液は1日に約1.5リットルも分泌され、その成分は、かなり強い酸性の胃酸(塩酸)と、ペプシンという消化酵素、そして粘液です。胃酸は食べ物を殺菌し、胃の中で腐敗・発酵するのを防ぎ、ペプシンはタンパク質を消化します。胃には吸収作用はほとんどなく、水とアルコール、ブドウ糖などがわずかに吸収されます。

胃の構造

胃の入り口には「噴門」、出口には「幽門」という2つの“バルブ”があります。噴門は、食べ物が来たときだけ素早く開き、逆流しないようになっています。

幽門は、胃でこなれた食べ物を少しずつ次の十二指腸に送ります。胃底部には気体が溜まりやすく、げっぷの原因になります。

戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.