これからの日本人の大腸検査施行の意義

戦後、日本人の胃ガンによる死亡率が大きく減少しました。これはさまざまな要因(手術の進歩、術後管理の進歩、抗癌剤の進歩など)が言われていますが、最大の理由は、患者さんが胃ガンの心配から積極的に検査を行なうようになってきた為、胃カメラの進歩、胃カメラを施行する診療所の増加という面から、早期発見、早期治療が行われるようになってきたからです。
 
しかし日本が欧米化し肉食が多くなるにつれ、大腸ガンによる死亡率が増加してきました。大腸ガンの検査は現在、「便潜血検査」で満足されている方が非常に多いのが現状です。これは専用の容器に便をつけ提出し、便の中に血液が混ざっていないかをしらべる検査です。
 

開発当初は画期的な検査方法といわれていましたが、当然のことながら出血していないような小さなガンや前癌病変のポリープでは、なかなか陽性にはでません。また肛門の疾患(イボ痔、切れ痔)でも陽性として検出されてしまうという問題が明らかになってきました。バリウムによる検査は小さなポリープを検出することが難しく、検査後の頑固な便秘に悩まされる方も多い検査です。また実際ポリープが見つかっても、切除することはできません。

大腸ガンは前癌病変(ポリープ)のうちに内視鏡によって切除すればガンを予防できます。
 
また、ポリープがたとえガンになっていても早期(粘膜内癌)に発見できたら完全に内視鏡にて切除し治すことができます。大腸内視鏡検査は現在大腸ガンを予防するためでも早期大腸ガンを治すうえでも最も有効的な検査なのです。
 
胃でも大腸でもガンにならないようにすることは現在の医療技術ではまだ不可能です。症状がある方はもちろん、症状がなくても定期的な検査をすることで早期発見、早期治療を心がけることが今のところガンに対する最善の対処と言えるでしょう。

大腸検査の特長と欠点

検査項目 特長 欠点
血液検査 簡単、医師の技術を要しない 早期発見には役に立たない
遺伝子診断 ガンの本質にせまる検査 まだ実験段階
便潜血検査 簡単、医師の技術を要しない 早期発見には役に立たない痔でも陽性になる
バリウム検査 現在では補助的な意義しかない 医師の技術で正確さ、苦痛が大きく異なる。下剤の準備が必要。見落としがある
内視鏡検査 ガンを確実に診断できる。
同時にポリープ切除もできる。
医師の技術で正確さ、苦痛が大きく異なる。下剤の準備が必要

ただの「痔」、「便秘」だとおもっていませんか

排便時の出血をただの「痔」だとおもっていませんか。確かに日本人の3人に1人は痔主です。イボ痔(痔核)の出血でも切れ痔(裂肛)の出血でも確かに排便時出血の一番の原因となります。
 
しかし大腸癌の出血も排便時にみられ、この両者を区別することは非常に困難です。また「便秘」も日常的にみられるものですが、大腸癌により腸の内腔が狭くなってしまえば当然便秘になります。出血や便秘を慢性的に抱えている方は大腸の検査をお勧めいたします。
 
早期発見にて治療をすれば、何も怖いことはありません。また安心して毎日を過ごすことが出来ます。

若くても血便?

近年炎症性腸疾患という病気が多くなってきました。炎症性腸疾患とは長期に下痢、血便が続く原因不明の慢性腸炎です。
 
具体的には「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」に大別されます。適切な治療を行なえば通常の生活を送れますが残念ながら現代の医療にて完全に治すことのできない難病です。命を落とすことはありませんが、病気のために生活が大きく犠牲になります。
 
このような病気を知らなかったり、若い年齢で発症することも多く、内視鏡検査なども敬遠され、診断にたどり着けなく、悩んでいる患者さんも多くいらっしゃると思われます。専門科の医師に相談し適切な治療が必要です。

便秘は治らない?

前述したように大腸癌にて便秘がおきているわけではない場合、便秘は下記のような原因が考えられます。

胃結腸反射の低下 大腸の収縮(煽動)運動の低下。いわゆる便を送り出す力が弱まっているということです。胃結腸反射をスムーズにおこす為には「きちんとした食生活」、「運動不足の解消」、「野菜(食物繊維)不足の解消」が大事です。
疾病によるもの 糖尿病や甲状腺の機能が低下する病気は「神経麻痺」を合併し、便秘になります。
薬によるもの 高血圧のくすり(カルシウム活抗剤)、胃潰瘍のくすり(スクラルファート)、精神科で使う向精神薬はしばしば便秘を起こします。便秘の原因を探り適切な治療をすれば改善する可能性は大いにあると思われます。

戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.