新しくなった大腸がん検診

注腸検査から大腸カメラへ

大腸におけるバリウムの検査は注腸検査といいます。大腸カメラが普及されるまでは大腸検査の主役でした。強烈な下剤を施行し腸の中をきれいにし、おしりからバリウムをいれます。大腸にポリープ(隆起性病変)があるとそこだけバリウムがはじかれてぬけます(陰影欠損)。

バリウム検査の問題点

バリウムの検査をするための準備(全処置)は内視鏡とほぼ同じです。しかし以下のような問題点のため、現在では大腸専門病院(専門施設)では内視鏡が主役になり、注腸検査は、病変の発見された場合、それが開腹手術(腹腔鏡手術)の必要性がある場合の補助的診断として行われるようになりました。

注腸の問題点:

放射線被爆が多い

腸に大量の空気を送入し腸をふくらませるため苦痛が大きい

S字結腸における腸の重なりに病変がある場合、死角となり見にくい

空気や便がポリープとして見誤られる場合がある

たとえポリープが見つかっても切除ができない

施行後バリウムが腸内に固まり、便秘の方はより一層便秘がひどくなる。

内視鏡とどちらがよいか?

大腸内視鏡の専門家がおこなえば、注腸よりも内視鏡の方が正確で苦痛が少ないのですが、注腸は専門家がいない場合の次善の方法と位置付けられています。かつて胃の検査は「まずバリウム、次にカメラ」というスタイルでしたが、今日このような方式をとる病院はほとんど、ありません。しかし大腸では専門病院以外では、まだまだ「まずバリウム、次にカメラ」といういうスタイルの施設があります。理由は内視鏡の専門医が不足しているためです。

戻る


Copyright(c) 2012 大腸肛門.JP All Rights Reserved.